ウィルソン病 ウィルソン病の治療法

ウィルソン病は治療可能な
病気です

一般的には、D-ペニシラミン(商品名:メタルカプターゼ)や塩酸トリエンチン(商品名:メタライト)などのCu結合薬(Cuキレート剤)を、食間空腹時に経口服用してCu排泄を促進することによって、症状の進行を抑える薬です。

亜鉛薬は食事中の銅吸収阻害をするために、ウィルソン病の銅吸収を妨げる薬として使用されています。これらの薬剤は副作用を起こす可能性がありますので、医師によるきちんとした管理が必要となります。また、銅キレート薬、亜鉛薬ともに、生涯服用し続ける必要があります。

また、Cu(銅)の摂取を控えることも重要なことです。Cuを多量に含む食品には、貝・甲殻類、レバー、豆、穀類、ココア、チョコレート等があります。食事からの銅摂取を極力控えることです。(低銅食)

東邦大学医療センター大橋病院小児科
教授 清水教一先生 監修

ウィルソン病

ウィルソン病を知る

ウィルソン病の症状

体に銅が貯まる原因

ウィルソン病の遺伝性

ウィルソン病の主な臨床症状

ウィルソン病の治療法

スクリーニング検査

ウィルソン病と日常生活

ウィルソン病 関連サイト

お薬タイマー:お薬服用時間
お知らせメールサービス

PAGE TOP
  1. HOME
  2. 一般・患者の皆さま
  3. ウィルソン病
  4. ウィルソン病の治療法