子宮内膜症とは月経困難症・子宮内膜症

子宮内膜症とはどのような病気ですか?

子宮内膜症とは、子宮腔にだけ存在するはずの子宮内膜組織が、本来はないはずのところに増殖してしまう病気です。多くは子宮のある骨盤の中の腹膜や卵巣に見られますが、臍、肺や腸など、時々とんでもないところにできたりします。かつて異所性子宮内膜症などの名称が用いられましたが、今は、子宮内膜に見られる部位を意識して、直腸子宮内膜症、膀胱子宮内膜症、肺子宮内膜症などの名称が用いられ、その他稀な部位については稀発部位子宮内膜症と呼ばれています。

子宮の壁の中に子宮内膜が入り込んでしまう場合は、腺筋症といいますが、かつては内性子宮内膜症(それ以外は外性子宮内膜症)と呼ばれ、子宮内膜症に含まれていました。昨今では、色々な点の差異から、子宮腺筋症として区別されるようになっています。

子宮内膜症はどのような症状があるのですか?

本来ないはずの所に子宮内膜があって、さらに卵巣が働いていると、子宮内膜はそこで次のような2大症状を起こします。

第1の症状は痛みで、月経期に出血するという子宮内膜の性質から月経に伴う痛みが最も多く見られます。本来はないはずの所でそんなことが起こるのですから病巣の周りには炎症やそれに伴う癒着がおこって、月経時以外にも下腹部痛や慢性骨盤痛になり、又、排便に伴う痛みの排便痛、性交に伴う痛みの性交痛を起こします。

第2の症状は不妊症で、癒着により卵管の働きが悪くなったり、お腹の中の炎症性の変化が排卵や受精に影響を与えてしまったりすることが原因と考えられています。

子宮内膜症の図解 子宮内膜症がとくにできやすい場所

その他、卵巣の中に子宮内膜症ができると出血の行き場がないので血液が貯まり、出血と水分の吸収を繰り返すうちに中身がドロドロしたチョコレート状に変化して卵巣が腫れます。これをチョコレートのう胞と呼びます。また、腸の子宮内膜症では月経の時に下血したり、周囲の癒着のために腸閉塞を起こしたりする事もあります。稀には、臍の子宮内膜症のために毎月月経の時に臍から出血して痛んだり、また、肺の子宮内膜症のために毎月月経の時に肺や横隔膜に穴があいて気胸を起こしたり、吐血したりする人もいます。

症状のグラフ

※「子宮内膜症の自覚症状 日本子宮内膜症協会 2006年データ」より引用

月経困難症の症状図解

月経困難症・子宮内膜症について知ろう 目次聖路加国際病院副院長 百枝幹雄先生 監修

ページトップへ