企業理念ノーベルファーマとは

必要なのに顧みられない薬
―だからこそ、創らなければならない。

2003年、ノーベルファーマは「必要なのに顧みられない医薬品の提供を通して、医療に貢献する」という使命を掲げ誕生しました。それから10年あまりの間に、大手製薬会社と肩を並べる新薬の製造販売承認を取得し、患者さんたちの手に届けてきました。

これを可能にした背景には、当社ならではの、誇り高い企業理念の存在があります。

ノーベルファーマの使命

今、創業10年の節目を超えて、会社の使命を改定しました。
必要なのに顧みられない医薬品・医療機器の提供を通して、社会に貢献する」これがノーベルファーマの使命です。

患者さんの数が少ないなどの理由から、既存の製薬会社から顧みられることの少ない疾病の治療薬・医療機器を開発し、必要とされる現場にお届けすることによって社会へ貢献していきます。

ノーベルファーマのこだわり

ノーベルファーマは、患者さんの視点から、疾患領域ではなくアンメットニーズの領域にこだわっています。当社の研究成果を待ち望んでいる方々の立場に立ち、難病・希少疾病などの医薬品や医療機器の研究開発に鋭意取り組んでいます。

ノーベルファーマの未来

2003年の創業以来、当社は数多くの新薬を世に送り出してきました。(製品ラインナップ
今後も、さらなる進化を続け、ファーストインクラス(世界一画期的)&ベストインクラス(世界一いい)の薬を開発し、日本から広く五大州(全世界)へと雄飛することをめざします。

「必要なのに顧みられない医薬品・医療機器の提供を通して、社会に貢献する」ために、当社の挑戦は続きます。

ページトップへ