月経困難症・子宮内膜症トップ月経困難症・子宮内膜症

月経困難症は、月経時あるいはその直前から下腹部痛、腰痛などの月経痛や悪心、嘔吐、いらいら感、脱力感、憂うつなどさまざま不快な症状が出現し、日常生活が著しく障害され何らかの治療が必要とされる疾患と言われております。

月経痛は多少でも痛みがあるものを含めますと、女性の約80%に見られ、その約半数は日常生活に支障をきたしているとの報告もあります。

月経困難症はとくに原因となる病気がなくても起こる場合(機能性月経困難症)と何らかの病気が原因となって起きる場合(器質性月経困難症)とに分けられます。

ノーベルファーマは、婦人病の代表的な疾患のひとつである「子宮内膜症に伴う月経困難症」をテーマに取り上げ病気の原因、症状、治療法について、聖路加国際病院副院長の百枝幹雄先生に解説をお願いいたしました。

月経困難症・子宮内膜症について知ろう 目次聖路加国際病院副院長 百枝幹雄先生 監修

ページトップへ