内転型けいれん性発声障害の治療法内転型けいれん性発声障害

音声治療

発声練習を行います。ただし、音声治療のみでは症状があまり改善しないといわれています。他の治療法と組み合わせて行われることがあります。

注射療法

声帯に、異常な緊張を抑える効果を持つお薬を注射する治療法です。
3~4ヵ月に一度、外来で行います。

手術療法

のどを切開し、声帯をひろげて器具を埋め込む手術や、声帯の筋肉を切除する手術があります。

内転型けいれん性発声障害 目次

監修

京都大学 名誉教授
一色信彦先生
医療法人協仁会小松病院 名誉院長 /
一色記念ボイスセンター・ひろしば耳鼻咽喉科
 
田邉正博先生
ページトップへ