沿革ノーベルファーマとは

2003年6月創業
2004年4月
  • ヤンセンファーマ社とライセンス提携(ルナベル®
  • Teva社(米国)とライセンス提携(ノベルジン®
2006年5月富士製薬工業(株)と販売提携(ルナベル®
2007年4月アルフレッサファーマ(株)と販売提携(ノベルジン®
6月ノバテック社(フランス)とライセンス提携(タルク)
7月日本新薬(株)と販売提携(ルナベル®
12月Pfizer社(米国)とライセンス提携(ホスフェニトイン)
2008年4月ウィルソン病治療剤ノベルジン®発売
7月混合ホルモン剤ルナベル®発売
12月新生児けいれん、てんかん重積状態治療剤ノーベルバール®発売
2009年3月エーザイ(株)とライセンス提携(カルムスチン含有脳内留置用製剤)
11月大阪オフィス開設
2010年6月東京オフィス、福岡オフィス、名古屋オフィス開設
12月
  • ルナベル®効能追加(機能性月経困難症)
  • ケオシト社(フランス)とライセンス提携(ストレプトゾシン)
2011年3月エーザイ(株)と販売提携(ホストイン®
4月札幌オフィス開設
5月
  • 仙台オフィス開設
  • 日本ベーリンガーインゲルハイム(株)と共同開発契約を締結(カフェインクエン酸塩)
9月クリニジェンヘルスケア社(英国)とライセンス提携(抗ウイルス化学療法剤ホスカビル®
2012年1月
  • アストラゼネカ(株)からホスカビル®を承継
  • ホストイン®(てんかん重積状態、術後てんかん発作発現抑制等)発売、販売元エーザイ(株)とコプロ開始
  • 東京物流センター開設
2月ホスカビル®自販開始
6月Pfizer社とライセンス提携(シロリムス)
2013年1月
  • 悪性神経膠腫治療剤ギリアデル®発売
  • MSD(株)よりインダシン®及びコスメゲン®を承継
2月京都オフィス開設
6月
  • 創業10周年
  • 大宮オフィス、横浜オフィス開設
7月神戸オフィス開設
9月
  • 月経困難症治療剤ルナベル®配合錠ULD発売
  • 悪性神経膠腫診断用剤アラベル®内用剤1.5g(アミノレブリン酸塩酸塩)発売
12月ギリアデル®をエーザイ社に承継
悪性胸水治療剤ユニタルク®発売
2014年9月SRIインターナショナル社と子宮内膜症薬開発で提携
12月
  • 世界初のリンパ脈管筋腫症(LAM)治療剤ラパリムス®発売
  • 未熟児無呼吸発作治療剤レスピア®発売
2015年2月
  • 抗悪性腫瘍(膵・消化管神経内分泌腫瘍)治療薬ザノサー®発売
  • ノベルジン®錠発売
  • 第9回日本バイオベンチャー大賞にて日本ベンチャー学会賞を受賞
10月シロリムスが先駆け審査品目に指定(医薬品第1号)
2016年2月チタンブリッジが先駆け審査品目に指定(医療機器第1号)
5月セレンデクス社(デンマーク)とライセンス提携(肺胞蛋白症治療剤モルグラデスクス®
11月ホスカビル®をクリニジェン社に承継
2017年2月Japan Venture Awards 2017にて塩村社長が経済産業大臣賞を受賞
3月ノベルジン®効能追加(低亜鉛血症)

経済産業大臣賞を受賞し、スピーチする塩村社長
(2017年2月6日 於:虎の門ヒルズ)

ページトップへ