新生児けいれんトップ新生児けいれん

新生児けいれん(発作)は、新生児では珍しい病気ではなく、全新生児での発症率は1,000人中2.6~4.4人、成熟児(出生時体重2,500g以上)で1,000人中2.0~2.8人、低出生体重児で9.4~13.5人との報告があります1)。近年の、お母さんの晩婚化、初産の高齢化に伴い低出生体重児が増えていることが、一つの要因とも考えられています。

新生児けいれんの予後は、けいれんの原因疾患によるものと考えられてきましたが、長時間持続するけいれんや繰り返すけいれん、そのものが予後を悪化させることが明らかになってきています。どのような病気も同じですが、早期発見・早期治療が重要です。この新生児けいれん(発作)について、聖マリアンナ医科大学 小児科教授の山本 仁先生に解説をお願いしました。

新生児けいれんについて知ろう 目次聖マリアンナ医科大学 小児科教授山本仁先生 監修

ページトップへ